読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬のおはなし(仮)

競馬に関することをいろいろ書いてみたいと思います。

天皇賞・春反省会

天皇賞・春が終了いたしました。

結果は、大惨敗でした(笑)

 

当方の予想は、以下の通りです。

サトノダイヤモンド

シュヴァルグラン

ゴールドアクター

 

サトノダイヤモンドを本命していることもあり、展開の利を考慮するも、オッズ的兼ね合いからキタサンブラックは無印、また、当日の京都、圧倒的に内枠及び先行馬が有利でしたので、内枠・先行馬BOX等を買い目に入れ、サトノダイヤモンドシュヴァルグラン枠連を本線にして勝負いたしました。

 

キタサンブラックの華麗なる先行勝ち、当方が期待した両馬2、3着争いで幕を閉じました。

ちなみに昨年とパドックが一変したゴールドアクターにも期待しましたが、スタートで出遅れてしまい、散々な結果になりました。

 

当レースで分かった事実は、以下の通りですね。

キタサンブラックは、間違いなくベストパーフォンマンスを発揮しました。やはり母父サクラバクシンオーの血は健在だった印象です。プリンスリーギフトの血をフルに発揮し、高速のスピードを先行して持続しました。サクラバクシンオー直仔とは違い、スタミナと勝負根性を兼ね備えているようです。平坦コースがベストですね。正直、キタサンブラックという馬の特徴を捉えかねていたのですが、本日ではっきりしました。当方が、想定していたよりも「強い」馬でした。

 

☆ 福永騎手、岩田騎手は完璧な騎乗、今回、上位に入ったジョッキーは、皆素晴らしい騎乗でしたが、既述2名の騎乗は神がかっていました。従いまして、シュヴァルグランアドマイヤデウスにつきましては、これ以上のパフォーマンスは望めないと考えてよろしいかと思います。

 

☆ 枠順の不利等を跳ね飛ばし、キタサンブラックシュヴァルグラン程度であれば、楽に勝てると想定したサトノダイヤモンドでしたが、今回は敗れてしまいました。最大の敗因は、枠順ではなく、プリンスリーギフトのスピードをフルに活かすことができた馬場状態という印象です。今回は、ナスルーラの血を活かした上位2頭には届きませんでした。大外枠のハンデを背負いながら崩れなかったのは圧巻でした。

 

キタサンブラックを過小評価しすぎてしまったため、馬券は外してしまいましたが、いろいろ収穫のあったレースでした。

ナスルーラのスピードをフルに活かした馬が上位独占する中、一頭だけ上位争いをしたサトノダイヤモンドが総合力トップの評価は変更なしです。

 

暫くは、3歳馬が競馬の主役になりますが、宝塚記念が楽しみになってきましたね。